編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

もはや職業病!?ナースの特徴的な世界観

2015/5/18

看護師・看護学生ならではの「あるある!」って話、大集合~!!わかるわかる!経験ある!納得!ってこと、つぶやいてみませんか?!

走りとして、よく目にする日常の一コマ。
「用事があってナースセンターへ来たのに、来ると忘れる」

業界が専門的であればあるほど、「その業界でしか理解できない共通認識」が増えます。きっと医療業界の中にも「わかる!」「あるある!」とナースしか頷けないことも多いはず!?

「ナースしかわかってくれない」「ナースだからわかる」ネタ、まとめました!

「あるある!」病院内編

■ケア中に…

アンプルカットで指までカットする…

車椅子やベッドの患者さんの視線に合わせて話そうとしてしゃごんだら、お尻でゴミ箱を吹っ飛ばす。尾骨痛い…

2ccのアンプルを空けようとして、力が入りすぎ握りつぶす。抗生物質などのバイアルに注射器に吸った生食などを入れる時勢い余ってゴム栓から噴射する。

オムツ交換や導尿をしているとき、そういえば私もトイレしたかったんだ!って忘れてた尿意を思い出す(^^;)

何の抵抗もなくトイレ介助やお風呂介助をするので、羞恥心がある患者さんに時々引かれる(^^;)

オムツ交換の時ペアになると、動くタイミングが一緒なのか、いつも頭をゴッツンコしてしまう相手がいる

■ナースにしか通じないジンクス

日勤でも夜勤でも、私が座ったり、仮眠しようとした瞬間にナースコールが鳴る。

急変やステルベンに立ち会うスタッフ、なぜか同じ人が多い。

「3人のジンクス」どなたかが亡くなられると、次々と亡くなる方がいる。

「今日は落ち着いているね。」っていう話をすると、勤務終了近くに、緊急入院が来る。

まだ勤務時間が残っている時についつい今日は落ち着いていたね、と言ってしまうとそこから忙しくなる。結局定時に帰れない。

1 2 3

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索