編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

「昔はもっと先輩が怖かった」の一言のせいで…

2015/3/11

「私たちのころはもっと先輩が怖かったんだから」
先輩やプリさんに相談しても返ってくるのはそんな返事です。
なので自分が甘ったれなのかな?とそれ以上何も相談できなくなってしまいます…。というか何を相談しても無駄では?と感じるようになってしまいました。
先輩方から見て、新人の悩みは甘ったれていますか?

時代が変われば、考え方が変わります。考え方が変われば、指導方法・教育方法も変わるのは当然です。
様々なものが変化しながら時は進んでいくのに、変わらないのは「私たちの時代は…」「昔は…」という言葉と価値観。もしかしたら、無意識で言ってしまっている人も居るかもしれません。

「あの頃は…」の言葉が出てしまうのは、新人ナースに対して「甘い」と思っているから?先輩ナースの意見とアドバイスをまとめました!

いつの時代にもある「あの頃は…」

■何年経っても、変わらないものです。

いつの時代もその言葉を何かと使いたがる輩は多い。使う連中は「自分が通ってきた道なのに、冷静に今の状況判断が新人の頃から出来ていた。」と勘違いしているか、忘れているのだと思います。

おそらく匿名さんも後何年かしたら、「私たち新人の頃はもっと大変で先輩ももっと怖かったんだから。」と言ってるよ。実際は、いつの時代も新人は大変だし、先輩は怖いものじゃないかと思う。

毎年みんな同じこというのでしょうね。「あの時は…」「あの頃は…」そうやってみんな立派な看護師に成長していきます。 自分が一番厳しく指導を受けたと誰でも感じていますよ。

新人です。二年目さんに「去年なんて……うんぬかんぬん。今の状況の比じゃない……うんぬんかんぬん」と、よくいわれます。二年目でもいうのだから、仕方ないとおもいます。

怖い先輩と、仕事ができ信頼できる先輩は違うと言う思いは、新人の頃も今も変わらない。その先輩の本質を見たら分かると思います。「私たちの…」って言いたいだけ。看護師を取りまく環境が激変しているのだから今と昔は、安易に比べられない。

■時代は比べるものではないのに…

私もそのセリフよく言われました。甘ったれじゃないと思います。だって辛いのには変わりないですから。私は、今は今。昔は昔と思っていますよ。

私らの時代は指導なんてなくて、見て覚えろだったのよ?とか言われても、そうなんですか…とかしか思えないです。昔と今では全然体制も違うのに…

昔があって今。改善されてきてるし、学問になってるじゃないですか。昔は道しるべがなかった。有る意味うらやましいんだと思いますよ。

「もっと…だった」とかってそれぞれ個人の勝手な感じ方であって、「自分が一番頑張ってる」とか「自分が一番辛い目にあった」とかって言ってるのと同じように、自分本意でしか物事を考えていない人なんだと思います。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索