編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

ヘルパーさんに持たせた1枚のバイタル記録で大惨事

2014/12/31

有料ホームに勤めてます。急変で受診する際、付添はヘルパーであることが多いです。受診先で医師から問診されても何も答えられないだろうと思い、直近1カ月のバイタル記録をコピーして持たせたら「病院で重宝されました」と喜んでくれた。

施設長から「以後は直近1カ月のバイタル記録を持たすように」と業務命令が出て、先輩にそのトピックスを伝えると「バイタルはプロの私達が知っていればいい事。時間の無駄。仕事をこれ以上増やさないで」と言われた。

一緒に仕事をするヘルパーが困らないようにたった一枚コピーを取ることは無駄な事ですか?有料施設でのプロは看護師だけですか?

「患者さんによりよい看護を」これに必要なことは、案外シンプルで、ほんの少しの気遣いなのかもしれません。今回取り上げるケースは、まさにほんの少しの気遣いが食い違ったケースです。

患者さんをスムーズに受診させるために、ヘルパーさんに持たせたたった1枚のコピー。これはムダなことなのでしょうか?

緊急搬送を受ける側、送る側、両方からの意見をまとめました!

コピーを持たせるのはムダなこと?

■コピー1枚あるだけで、全然違います!

病院に勤めている者としては添書を充実させてくれるだけでありがたいです。時々おろそかな添書が来ますが、全く役に立ちません。

外来で介護施設から来られる患者さんは、大体の経過や最近のバイタルなどの情報はみんな持って来られていましたよ。逆に何も持って来なかったら困ります。せっかく施設で居るのに、情報が何もないのですから…。

脳外のクリニックに働いている看護師です。施設から意識消失や転倒でヘルパーさんが連れてきますがやはりわからないことが多く、施設に電話して聴いたりと困ることが多々あります。やはり礼儀として必要最小限の情報はもたせてほしいなとおもいます。

看護サマリーを施設からの付き添いの介護職員からいただいています。1ヶ月分のバイタルサインのコピーは正式な書類ではないのでいただくのはかえって難しいのが病院側の立場かなと思います。いずれにしても最近の詳しい情報はできるだけ提供していただけることが一番ありがたいと思います。

■むしろ必要なことでは?

緊急受診で、何もわからないヘルパーさんが付き添いで行っても、受診先の医師も困るだろうし、ヘルパーさんも困る。一番困るのは患者さん。医師により正確な診断、治療をしてもらうためにも、バイタルの記録を渡すのは良いと思います。

そもそもなぜバイタルを計るのか?と考えたら、患者(利用者)の状態を把握し、その情報を共有してより良いケアにつなげていくという目的があります。転院先でコピー一枚の情報がある事でより良いケアにつながるのならば是非行うべきです。

急変時で病院にかかる時は特に患者さんにとっての『いつもの数値』は重要ですよね。いつものバイタル・薬・食事量など、コピーがあると診る医師も助かると思います。トピ主さんの行ったことは私なら大賛成で取り入れたいです。

急変で受診しているのに普段のバイタルなどが解らなければ初期治療の段階で上手く選択出来ない可能性だってある。日常の正常を知るから異常かどうかの判断が出来るんじゃないかな。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索