編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

「昔の方が…」苦労自慢は聞きたくない

2014/9/17

ベテランの看護師の中には「私たちの時代は…」って辛さ自慢(?)してくる人がいませんか?大概は「今は大分良くなったよ、緩くなったよ」「いいよね、最近の人は…」などです。
俺は正直その様な言葉を聞くと「何を言いたいの?」って思う事があります。

「今時の若い子は…」いつの時代も繰り返される言葉。
それと同じくして、自分たちが生きてきた時代を懐かしんだり、現代と比較したりすることもありますよね。

ほぼ100%の人が実際に先輩に言われたり、後輩に言ったりした経験があるのではないでしょうか。

今回は、先輩からの言葉にスポットを当てた投稿をピックアップ。
現代を羨むような先輩からの言葉に対して、どうすれば…?

新人・中堅・ベテランと立場も様々な看護師から、それぞれの立場からのコメントが多く寄せられました!

いますよね、そういう人。

■理解できません。

結構な数居ますね。「だから何?」と思います。懐かしい思い出ですが、自分の時代の体制を今の時代に通用すると思うのですかね。

自分たちが最もつらく大変な時期を過ごしてきたのだと思わないとやっていけなのだとしたら可哀想な人たちですよね。

昔はもっと厳しかったとか言う上が多い所はまず今の時代についていけてない医療現場ですね。今と昔は違うので、そんなこと言ってたら新人は辞めます。教育体勢がしっかりしてるところでは、そんな嫌味はでてきません。

■スルーしましょう

自分達をそういう風にしか慰めることができないおばさん、おじさんは放っておけばいいと思います。

劣等感で聞くから自慢と感じる。

肥やしにならないなら先輩達スルーして仕事したらいい。

先輩がそのような事を言いながらも、意地悪で仕事をさせないとかいう事がないのならば、あまりそこを追及しなくていいと思います。

■言い方に問題が?

相手に、『自分たちは大変だったけど、あんたがたは楽して看護師になった。』そんなニュアンスを感じるから、主さんも素直に受け取れないのじゃないかな?と思います。

おばさん世代の私達も誤解されぬよう話し方伝え方を考えなければ煙たい話題になってしまう事を肝に命じなければならないと感じています。

だから?みたいに思わせるような言い方の人なら、その人が悪いんですよ。

1 2 3

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

検索