編集部セレクション

ラウンジ☆セレクト

生活のために看護師をやるのはおかしい

2014/8/6

私は家族のため、生活のために仕事をしたいと思っています。
もちろん、やるからには責任を持って仕事をしたいし、患者さんのために一生懸命頑張りたいと思っています。
でも、私は家族を第一に考えたいんです。

職場の先輩からは、『看護師という仕事を生活のためにやるのはおかしい』『正看をとったのにもったいない』と言われます。
やっぱり、看護師という職業の特殊性から、生活のために仕事をするというのはダメなんでしょうか?

仕事を取るか、家庭を取るか。

ドラマなどで「私と仕事、どっちが大事なの!?」と男性につめ寄る女性の姿が描かれることはありますが、「仕事」と「家庭」の天秤は、これに近いと思いませんか?

もし、実際にこのセリフを言われたら…
今回は100を超えるコメントで大盛り上がりのトピックをピックアップ!

ナースの本音

■何のために仕事をしてますか?

私は、生活の質の向上、子供の教育資金のためお仕事しています。

私は正直、お金を得るために働いています。

え?生活の為に仕事したらダメなの?

はっきりいいます。生活費をかせぐためです。

そりゃ患者さんとお話ししたりするのも好きだし、看護師として責任持って仕事してますが、生活のためじゃないなら、働かないで家族と過ごしていたいです。

私が看護師を目指したきっかけは母親の命令です。そして今続けている理由はお金のためです。

■ぶっちゃけ、無償でなんてムリ。

ボランティアをされてみえる方もみえますが、私はそれほどの志ありません。

人生を看護に捧げるつもりはないです

お金が貰えないなら、看護やりません。お金を貰うからこそ、患者のことを考え日々ケアや処置を行っています。お金を貰っているから、患者の話も聞きます。笑顔で声かけをします。

じゃあ給料無しで奉仕の精神だけで、その人は働けるのか?って話です。

実習オリエンの時に担当だった師長は、「みんなはどうして、看護師になりたいと思ったの?私は看護師であれば、食いっぱぐれがないと思ったから…ただそれだけよ。」と聞かされて、仕事が出来る方だっただけに拍子抜けしたと同時に 、そりゃそうだよな…と妙に納得した記憶があります。

1 2

ラウンジ☆セレクトの新着

編集部セレクションの新着

関連するキーワード

検索